情報流出の危機

開発の現場だとSkypeやドキュメント管理やプロジェクト管理の無料クラウドサービスを使われることも多いと思いますが、
同時に利用されるサービスが多く、「利用者の質」というのが問われます。
いくら利用者の質が良くてもバックドア等で認証情報が盗まれた場合、企業情報がもっていかれる可能性もあります。
様々な契約や規約でそのあたりは守られるとしても、悪意をもって流出させようとする行為にはかないません。
利便性を求めるとどうしてもリスクとの天秤になってしまいます。
最後はやはり利用者の抑止に頼らざるを得ないのが現状ですかね。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください