Visual StudioでPythonを使う為のセットアップ手順

Visual StudioでPythonを使う為のセットアップ手順

Visual Studioをインストール後、Pythonをインストールする手順です。

1.Visual Studio2015のインストール
2.Python本体のインストール
3.Python Tools for Visual Studio(PTVS)のインストール

Visual Studio2015はこちらからダウンロードできます。
https://www.visualstudio.com/ja/vs/python/

次にPython本体をダウンロードしてインストールします。
https://www.python.org/downloads/
※記事投稿時は、Python3.5.2をインストールしています。

パスへ追加する為、[Add Python 3.5 to Path]にチェックを入れます。
vs2015pythonsetup2

[Customize installation]を選択します。
vs2015pythonsetup3

チェックはそのままにして[Next]を選択
vs2015pythonsetup4

[install for all users]にチェックを入れます。
vs2015pythonsetup5

インストール先のディレクトリを変更する場合は変更します。今回はVersion等をわかりやすくする為c:\Python35としました。
[install]ボタンを押すとインストールが始まります。
vs2015pythonsetup6

vs2015pythonsetup8

[Setup was successful]と表示されたらインストールは完了です。
vs2015pythonsetup9

Python Tools for Visual Studio(PTVS)のインストール

PTVSのDownloadはこちら

pythoninstaller
ptvsinstalltop

プロジェクトを作成する際に、Pythonのテンプレートが選択できるようになっていたり
メニューバー内にいろいろメニューが追加されています。
vs2015pythonsetup11

先にVS2015をインストールしてある状態で、その後Python本体をインストールしたのですが
自動的にPythonへのパス等が設定されました。
画面左上の[Python Environments]部分を参照
vs2015pythonsetup12

※情報不足なところは、後日追加していきます。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください